EXAMPLE
example

イノベーション実用化ベンチャー支援事業

2014.02.16 Sunday

イノベーション実用化ベンチャー支援事業は、ベンチャー企業向け開発資金の補助金としては最大規模のものです。
NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合総合開発機構)が実施しています。
 
対象は、
〔1〕 競争力強化のためのイノベーションを創出し、持続的な経済成長の実現に資する新規性・革新性の高い実用化開発であること。
〔2〕事業期間終了後、概ね3〜5年以内に実用化が可能な具体的な計画を有すること。
(注)実証段階にあるものであっても、技術開発要素があると認められるものについては、申請可能です。(創薬等の開発で治験を実施する場合は第II相まで申請可能です)

補助率は2/3、助成金額は15百万円〜500百万円です。

今年の特徴は、名目的にも実質的にもベンチャー企業向けの助成金になったことだと思います。
昨年は、応募対象企業の要件が資本金10億円以下だったため、多くの上場企業が採択されていましたが、今年は中小企業が対象であるため、上場企業の申請は昨年より減ると思われます。(上場企業で中小企業という会社もそれなりにありますが)

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100047.html

提出期限は3/3正午です
コメント
コメントする